トラットリア プレッツァの美味しいお話

埼玉県久喜市でひっそりと営業しているイタリアンレストラン、トラットリア プレッツァの公式ブログ イタリアワインの完全主観的ブログや食材や料理の美味しいお話。

2015年06月

6月の鱚は、、、


石川県七尾から新鮮な魚介が届いてます。黒鯛、アジ、キス、スルメイカ、マダコ、岩牡蠣です。キスは今がまさに旬で、"6月の鱚は絵に描いたものでも食え" と言われるほど美味しいですよ!ただ今回は入荷が少ないので、なくなってしまったらごめんなさい。それでは本日もよろしくお願いします。

博多和牛A5ランク "ランプ " のビステッカ


博多和牛A5ランク " ランプ "のビステッカ

さて本日は、先日届いた博多和牛のランプをご紹介します。プレッツァではここ数ヶ月、九州産の黒毛和牛のランプかイチボをご提供しています。A5ランクのサーロインやリブロースともなると、脂がしつこく感じてしまう場合があります(特にステーキのような料理の場合と40過ぎの私の場合)。ランプとイチボは赤身と脂身のバランスが良く、肉の旨みもしっかり感じることができます。プレッツァで人気の短角牛とはまた違った旨みと食感があります。何より、ワインに合わせるのもこのぐらいの脂が限界のような気がします。ワインはしっかりと酸のあるタイプがオススメです。ネッビオーロ(バローロやバルバレスコ)はもちろんですが、バルベーラやサンジョベーゼ(キャンティクラシコやブルネッロ、ヴィーノノービレ)もいいですね!

山口県萩産 梅雨イサキ

先ほど、山口県萩から魚が届きました。


活〆首折れイサキ

今の時期のイサキは別名" 梅雨イサキ"と呼ばれるほど脂がのって一番おいしいと言われています。中でも山口県萩では首を折って活〆にした、首折れイサキが有名です。目玉も透き通って、エラもキレイ、背中の盛り上がりもたくましく、見るからにおいしそうなイサキですよ!

その他にもチカメキントキ、ウッカリカサゴも届いてます。それでは本日もよろしくお願いします!

チカメキントキ

ウッカリカサゴ


北海道産アスパラガス


北海道産三種のアスパラガスのソテー ポーチドエッグとペコリーノロマーノチーズのせ 

北海道からアスパラ三種類、白、緑、紫が届きました。太くて立派なアスパラです。下茹でしないで、ソテーしているのでアスパラの食感と風味をそのまま味わっていただけます。仕上げにペコリーノロマーノチーズと白トリュフオイルをかけてご提供してます。アスパラ、卵、白トリュフは鉄板の組み合わせですね。
あ〜 またアルバの白トリュフ祭りに行きたいな〜。

本日は山口県萩から魚が届きますよ〜。写真は後ほど。


中華なのにあっさり

一昨日のお休みは合羽橋に行ったついでに神田にある中国東北地方料理の味坊さんに行ってきました。お目当ては羊料理です。羊肉を使った鍋や炒め物もありますが、他にも食べたい料理がたくさんあったので、今回は炭火串焼をオーダーしました。クミンシードがタップリで柔らかくとても美味しかった〜。
羊の炭火串焼

その他に老虎菜(青唐辛子、ネギ、キュウリ、香菜のサラダ)、落花生とセロリの前菜、鶏とキノコの田舎煮、羊肉の水餃子、チャーハン、白菜の漬け物と豚肉のスープを注文しました。
東北地方の料理は味付けがうす味でシンプルなものが多いのが特徴です。醤油を使った煮込みや胡麻油と塩の味付けなど、日本人にも馴染みやすいと思います。何よりも化学調味料を使ってないので、量が食べれちゃいます。チャーハンもご飯がパラパラであっさりしていておいしかったです。


老虎菜

落花生とセロリの前菜
鶏とキノコの田舎煮
チャーハン
写真を撮り忘れ食べかけの白菜の漬け物と豚肉のスープ

メニューも豊富で、お値段もお手頃ですので、近くに行った際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?ちなみにワインもありました。自然派のものがチラホラと。
食いしん坊は4人ぐらいで行ったほうがいいですよ〜。あれもこれも食べたくなると思いますので。

中国東北地方料理 味坊

一階の入口が二つに分かれていますが、どっちに入っても同じです。結構、混みあいますのでご注意を。

トラットリア プレッツァ
営業時間のご案内

Lunch 11:30~14:30
(Last order 13:45)
ランチは土曜、日曜お休み
Dinner 18:00~23:00
(Last Order 21:30)
定休日 毎週火曜日

Trattoria Purezza

埼玉県久喜市久喜中央3-9-60
0480-26-1210
ギャラリー
  • 青森で "つぶ " と言えば
  • 青森で "つぶ " と言えば
  • イイもの入荷してますよ
  • イイもの入荷してますよ
  • イイもの入荷してますよ
  • イイもの入荷してますよ
  • 2017 能登研修旅行 No.1
  • 2017 能登研修旅行 No.1
  • 2017 能登研修旅行 No.1