トラットリア プレッツァの美味しいお話

埼玉県久喜市でひっそりと営業しているイタリアンレストラン、トラットリア プレッツァの公式ブログ イタリアワインの完全主観的ブログや食材や料理の美味しいお話。

2015年09月

イチジクのコンポート


イチジクのコンポート

最近魚ネタばかりだったので、ドルチェを紹介します。イチジクを赤ワインとスパイスなどでコンポートしました。デザートワインといっしょにどうでしょうか?




活かってますよ〜

またまた、すばらしい魚が青森から届きました。活の真鯛(もちろん天然です)と活の鯖の神経〆です。

青森県下北産 活天然真鯛神経〆

青森県深浦産 活鯖神経〆

真鯛は先日もご紹介したこだわりの真鯛で、今回は3キロとさらに立派なサイズです。身の締まりも抜群でかなり活かってますよ〜。
鯖は釣りで獲ったものを生かしたまま、浜で血抜きをして神経〆をしたものです。目と魚体がキラキラ輝いてます。ここまでの鮮度の鯖はなかなか手に入りませんよ。身の締まりも最高です!
真鯛も鯖もどちらもかなりいい状態ですので、ぜひお試しください!それでは本日もよろしくお願いします。


鹿児島黒牛 A5 イチボ


鹿児島黒牛 A5 イチボ 

鹿児島産黒毛和牛が届きました。ほどよくサシが入っていて美味そうです。


A5ランクですが、それほどしつこくありませんし、しっかりと肉の旨みも感じます。それでは本日もよろしくお願いします。


本アラ&神経〆天然活真鯛

青森から魚が届きました〜。真鯛と本アラです。
下北産天然活真鯛&本アラ

青森では春先の真鯛もさっぱりしておいしいですが、これから秋が深まるとともに産卵を終えた真鯛は冬に深場に落ちて越冬します。そのための体力と脂を蓄えるためにホタテの養殖棚の周りに甲殻類やホタテを食べに集まるそうです。それらの餌を食べた真鯛は脂が乗り、身が飴色のように光沢がでてきます。水温の低下する9月下旬から11月初旬まで越冬真鯛が獲れるそうで、しかもこちらの真鯛はホタテ漁師さんが丁寧に釣り上げたものを生簀で1日、2日生かして様子を見るそうです。弱っているものは出荷すらしないという徹底ぶり。チェックを通過した真鯛はしっかりと放血し、神経を抜いてようやく出荷されます。こだわりの青森の真鯛はこれからどんどん美味しくなりますよ〜!今回の真鯛は2.5キロupです。

本アラは皆さんご存知ですか?たまにクエとごっちゃにされますが、違う魚です。九州ではクエのことをアラと呼ぶので間違われるのでしょう。共通しているのはどちらも超高級魚ということです。鮮度が良ければ、刺身は最上の味わいでもちろん煮ても、焼いても美味いです。青森でも水揚げは少ないので、なかなか入荷しません。この機会にぜひ!
それでは本日もよろしくお願いします!

天国茶屋(あまぐにちゃや)

先日(といっても1ヶ月ほど前ですが)、福島県に小旅行をしてきました。その際に素晴らしいお店を見つけましたので、ご紹介したいと思います。今回の目的はこれです。
野鮎の塩焼き

福島県の芦ノ牧温泉から車で10分ほどののどかな場所に天国茶屋(あまぐにちゃや)さんがあります。
かなりのどかな場所です
お店はこの先にあります
お店の入口
店内の様子

お店に入ると畳の部屋に囲炉裏が切ってあり、囲炉裏の周りでお食事をいただきます。まずは採れたての枝豆で一杯。

ゼンマイの炒め物

もちろん、ご主人が春に採ったゼンマイを塩漬けにしておいたものです。この一皿にも手間がかかってます。ゼンマイの塩抜きは流水で1日かかるそうです。枝豆もゼンマイもほんとに美味いです。

そしてその間にご主人が野鮎を用意してくれます。生の鮎の匂いを嗅がせてもらいました。スイカ、キュウリの香りがします。その後ご主人が付きっきりで鮎を囲炉裏で焼いてくれました。なんと炭まで自家製です。



焼き上がりにあわせて、ご飯、キュウリのぬか漬け、小茄子の塩漬け、ほうれん草のおひたし、キノコ(キノコの名前を忘れました。初めて食べたキノコでした。)のお吸い物を出していただきました。鮎は私が今まで食べた鮎で一番美味しかったです。驚きは最初から最後まで、出された料理全てがほんとに美味しかったこと。ご主人はただの田舎料理と謙遜されてましたが、漬け物やお吸い物、ゼンマイの炒め物まですべてが丁寧に作られてることがわかります。ありそうでなかなか出会えないお料理でした。春は山菜、夏は野鮎、秋は松茸やキノコを食べれるそうです。こちらのお店はどの季節に行っても美味しいものを食べさせてくれるんだろうな〜と感じました。絶対オススメです!


トラットリア プレッツァ
営業時間のご案内

Lunch 11:30~14:30
(Last order 13:45)
ランチは土曜、日曜お休み
Dinner 18:00~23:00
(Last Order 21:30)
定休日 毎週火曜日

Trattoria Purezza

埼玉県久喜市久喜中央3-9-60
0480-26-1210
ギャラリー
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • ようやく仕込みました
  • ようやく仕込みました
  • たまにはこんなのどうでしょう
  • たまにはこんなのどうでしょう
  • ポルチーニがオススメ