トラットリア プレッツァの美味しいお話

埼玉県久喜市でひっそりと営業しているイタリアンレストラン、トラットリア プレッツァの公式ブログ イタリアワインの完全主観的ブログや食材や料理の美味しいお話。

2015年11月

イタリア研修 No.2 イスタンブール-カターニア編

このブログを書いている今、エトナ山の麓のアグリツーリズモに宿泊しています。このアグリのことはまた後ほど。前回の続きをご紹介します。
イスタンブールで一泊して、出発が14:20のカターニア行きの飛行機だったのですが、ちょっと早めに空港に向かいました。空港までの送迎はホテルにお願いして車を手配していただきましたが、トルコの運転手の運転はすごいですよ〜!ぶっ飛ばします!空港からホテルまでの運転手も同様にぶっ飛ばしてました。ちょっとしたアトラクション感覚です。イタリアの運転手さんも結構飛ばしますが、ここまでじゃないですね。シェフはちょっとビビってました。
空港に早く向った理由はターキッシュエアラインのラウンジを利用したかったためなんです。ビジネスクラスのラウンジとしては世界の空港の中でも最高レベルと評判なんです。

ラウンジの内部
グランドピアノ?
ゴルフのシュミレーター?
ミニカーのサーキット⁇

その他にもビリヤード台やシャワールームはもちろん、個室の仮眠室までありました。設備以上に評判なのは食事です。これはもうラウンジの食事としてはあり得ないレベルでした。
生地から調理まですべて目の前で手作りのかなり小さいラビオリ
Turkish Pide(トルコ風ピザ )
細長い舟のような生地に具材を乗せて焼き上げます。こちらも生地からすべて目の前で調理します。
ケバブも目の前で焼いてくれます。
デザートも充実

その他、アルコール、フレッシュジュース、エスプレッソ、トルココーヒー、特にワインは20種類ぐらいありました。規模も設備も食事も今まで経験したラウンジとはレベルが違いました。街のレストランよりもケバブが美味しかったです。
実はこんなにおいしい物がたくさんあるのに、ケバブを少ししか食べれなかったんです。フライトまでまだ1時間半ぐらいの時にケバブを焼いてもらっていた時の話です。ふとトイレに立ってフライトスケジュールの掲示板をふと眺めました。フライトの遅れはないか確かめるぐらいの気持ちだったんですが、なんとそこに信じられない表示が!

TK1395   IST-CTA   14:20 Final Call

一瞬なんで???まだフライトまでは1時間半近くあるのにFinal Callって。掲示板の時刻表示をみてビックリ‼︎なんとそこには13:59との表示が。自分のiPhoneの時計は12:59。信じられない気持ちでラウンジのスタッフに時間を聞くと14:00とのこと。出発時刻まで20分しかありません。ケバブを食べていたシェフを慌てて呼びに行って、そこからは猛ダッシュ!歩くと15分ぐらいかかるゲートまで5分で駆け抜け、到着したのは出発時刻の約10分前でした。ゲートはまだ開いていたのでギリギリ乗り遅れずにすみました。
イスタンブールに到着したのは定刻通りの時間だったので、その時はiPhoneの時計など気にもしませんでした。その後、マッタリ過ごしていたので1時間のズレに気が付かなかったのです。事の真相はサマータイムが原因でした。もちろんサマータイムは知っていましたし、だいたい10月の最終日曜日とかに終了することも分かっていました。まぁでも11月だしサマータイムは関係ないと思ってました。しかしなんと、2015年のトルコのサマータイムは11/8まで延長されたそうです。なに、サマータイムって延長とかあるの?初めて知りました。その延長に私もiPhoneも気が付かなかったという事ですね。おかげでラウンジの食事を食べ損ない、シェフはかなり悔しがってました。という事で次回のイタリア研修もトルコ経由でのイタリア行きが、イスタンブールからカターニアの機内で決定しました〜!皆さんも海外旅行には電波式の腕時計を持って行きましょうね〜!
それでは今日はこのあたりで。次回はようやくイタリア編です。

イタリア研修 No.1. 羽田-イスタンブール編

本日はプレッツァのイタリア研修の旅   羽田〜イスタンブール編をご紹介します。今現在はシチリアのタオルミナにいますが、とりあえず。
11/3の夜10時に羽田空港に着きました。

早くもクリスマス用のライトアップでしょうか。なかなかキレイでした。

深夜1時の飛行機(NH203便)でまずはフランクフルトに向かいます。フライト時間は12時間の予定です。
ANAのヨーロッパ行きのビジネスクラス(前職の仕事がらマイルがたくさんあるのでマイルを使った特典航空券です)はフルフラットになるし、足元が広くて快適でした。しかも就寝する時はベットパットを引くので快適度はさらにアップ。今までフルフラットになる飛行機は何度か乗っていますが、寝るには1番快適だったような気がします。深夜の飛行機なので食事は軽めの軽食が好きな時間に頼めます。チーズやフルーツ、サラダ、ホットサンド、鶏肉のどんぶり、中には一風堂のラーメンまでありました。あまりお腹がすいていなかったのでとりあえずサラダとチーズをいただきました。

サラダとチーズ(食べかけですいません)

もちろんワインもいただきました。ワインは赤、白、各2種類とシャンパーニュがありました。赤はフランスのボルドーとローヌのもので、白はイタリアのトレッビアーノとフランスのアルザスでした。どれもそつなくおいしい感じでした。フランクフルトに着く2時間前から朝食です。和食と今流行りのエッグベネディクトが選べましたが、私もシェフも和食をチョイス。これから2週間和食が食べれませんからね。当然の選択です。
機内食にしてはなかなかの出来

フランクフルトに現地時間の朝5時に到着し、イスタンブール行きのフライトまで2時間ちょっとあったので、ルフトハンザのラウンジでひと休み。
BECKSの生ビールがあったのでとりあえず一杯
その後、イスタンブール行きのターキッシュエアラインの飛行機に乗り込みました。ターキッシュエアラインは最近とても評価が高いエアラインです。乗ってみてまず驚いたのがビシネスクラスのシートです。ヨーロッパ内の短距離路線はだいたいなんちゃってビシネスが多いんです。エコノミークラス3席の真ん中を空けて両端にお客を座らせてビジネスクラスみたいな感じ。でもターキッシュエアラインはしっかり専用シートでした。
ターキッシュエアライン ビジネスクラス
フランクフルト-イスタンブール

それと食事がちょっと本格的でさらにビックリ。これもシート同様にヨーロッパ内の便はあまりおいしくないサンドイッチのようなものが多いんですが、ターキッシュエアラインはまるで長距離路線のような本気の食事が出てきました。
前菜 (焼きナスのピューレ、スモークサーモン、クスクストマトソースなど)
ケバブ  トマトソース 
トルコの代表的なビール EFES

前菜はかなりおいしく、ケバブもしっかり香ばしく美味しかった〜。うーん、やりますねターキッシュエアライン、評判通りです。次回は成田からイスタンブール経由でイタリアに行きたくなりました。
イスタンブールに昼の11時過ぎに無事到着し、とりあえずそのままホテルに直行。今回のホテルBest Point Hotel Old Cityに到着。
Best Point Hotel Old City 

部屋の様子
トルコ式バス

このホテルはかなりおすすめです。部屋は清潔ですし、価格はかなりお得で、なんといってもトルコ式バスが最高でした。トルコ式バスは写真の壁や床の大理石が岩盤浴のように温かくなります。ゆっくりと座って専用の桶でお湯をかけながら、のんびり出来ます。ロケーションも最高でブルーモスクやアヤソフィアには徒歩2、3分です。
ブルーモスク
アヤソフィア

その後、夕食ために街に出ました。
街の飲食店
街の飲食店 
ボリュームタップリ ドルチェ
街を歩いているとこんなお店も何軒かありました。おば様が手打ちの生地を伸ばして、中に詰め物をしています。そして店内にはトルコ絨毯が敷かれた日本の座敷のような客席があり、そこでお客が食事をしていました。ちょっと不思議な光景でした。私もシェフもイスタンブールは初めてなので、トルコのローカル料理を食べにレストランへ。
前菜盛り合わせ
EFES生ビール
羊のケバブ
なんか食べたいなーと思っていた物とイメージが違ったのでここでひとまずお会計。諦めきれない食いしん坊の私達は次なるお店を探しに街を散策。ウィンドウ越しにおいしそうな料理が並んでいたお店に入店。ここは食べたい物を目の前で選んで盛り付けてもらえます。

牛肉と野菜の煮込みマッシュポテト
ひよこ豆のトマト煮込み

味付けはシンプルで悪くありませんが、量がハンパじゃありません。しかも第2ラウンドということもあり、二人でシェア。それでも食べきれませんでした。そしてお会計の時にちょっとしたトラブルが。キャッシャーに行くと、伝票も見ずに(100トルコリラで、さらにサービス料が10%で合計110トルコリラです)と店員。1トルコリラがおよそ45円なので日本円で5000円(グラスワインも一杯ずつ飲んでいますが)はおかしいなと思い、伝票を見せろと問い正すとちょっと焦った表情でジョークだよと店員。伝票に書いてあった金額は45トルコリラでおよそ2000円。倍以上吹っかけられました。もちろんチップは払わずに退店しました。皆さんも海外では気をつけましょうね。さぁ明日はいよいよシチリアに向けて出発です。今日は早くホテルに帰って、もう一度トルコバスでリラックスすることにしようとホテルに帰りました。ちょっと長くなったので続きはまた次回。













イタリア研修の日程

突然ですが(お店に来ていただいたお客様にはある程度ご案内してましたが)、11/4(水)から11/18(水)までイタリアに仕入れを兼ねた"研修"に行くため、お休みさせていただきます。

11/2  (月) 通常営業
11/3  (火) 定休日
11/4  (水) 〜11/18 (水) お休み
11/19 (木) ディナーから営業
11/20 (金) 通常営業

ある程度恒例の行事になりつつあるのか、お客様からは"また行くんですか?"とか"今年はいつ行くんですか?"とか"今回はどこに行くんですか?"とご質問されてましたが、今年もご迷惑をおかけすることになりましたので、よろしくお願いします。今回はシチリア島からイタリアを巡ります。まぁいつものように食べ物とワインがメインの旅行、いや"研修"になりますが、今回は現地からブログを更新しますので時間のある時にでも見てくださいね〜!それでは本日もよろしくお願いします。
トラットリア プレッツァ
営業時間のご案内

Lunch 11:30~14:30
(Last order 13:45)
ランチは土曜、日曜お休み
Dinner 18:00~23:00
(Last Order 21:30)
定休日 毎週火曜日

Trattoria Purezza

埼玉県久喜市久喜中央3-9-60
0480-26-1210
ギャラリー
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • 魚のステーキはどうでしょう
  • ようやく仕込みました
  • ようやく仕込みました
  • たまにはこんなのどうでしょう
  • たまにはこんなのどうでしょう
  • ポルチーニがオススメ