トラットリア プレッツァの美味しいお話

埼玉県久喜市でひっそりと営業しているイタリアンレストラン、トラットリア プレッツァの公式ブログ イタリアワインの完全主観的ブログや食材や料理の美味しいお話。

2016年05月

エーデルピルス

先週の金曜日からプレッツァの生ビールが変わりました。新しい生ビールはサッポロさんのの "エーデルピルス" です。缶ビールや瓶ビールでの販売がないため、あまり知っている方はいないかもしれません。
しかし意外にも歴史は古く、発売は1987年だそうです。当時はまだまだプレミアムビールが認知されていない時代ですね。それでも根強いファンに支えられて、今でも製造されています。サッポロさんのビールの中ではエビスビールよりもさらにワンランク上のビールとなります。
Edelpils 

味の特徴は苦味のしっかりきいた、ビールらしい生ビールです。本場チェコやドイツのビールにも負けない、正統派ピルスナーです。

地ハマグリじゃないです 本ハマグリです!

先ほど、青森から荷物が届きました。

青森県下北産本ハマグリ

昨日もすこしだけご紹介しましたが、かなり貴重なハマグリです。
現在、日本で流通しているハマグリは大きく分けて3種類あります。千葉や茨城などで獲れるチョウセンハマグリで地ハマグリと呼ばれているもの。ひと昔前は本ハマグリよりも一段味が落ちるという扱いをされていたようです。本ハマグリは内湾で獲れるのに対して、外洋沿岸で獲れることから、場違いのハマグリでバチと呼ばれていたそうです。ただし今はこちらもかなりの高級品。
それと中国や韓国などから輸入されるシナハマグリ。これを日本の海に撒いて、売っているものが多く出回っています。こちらは本来日本には生息していなかったハマグリです。
そして古くから日本で食べられてきた、本ハマグリ。今や絶滅危惧種で九州西岸、瀬戸内海でわずかに獲れるだけと言われています。でも青森でも獲れるんですね〜。漁獲量はかなり少ないですが、たま〜に入荷します。今日の入荷もかなり少ないので、毒味(味見)は出来そうにありません(残念)。今日の一押しです!

青森県平舘産活〆天然真鯛と蟹田産生うに

真鯛は少し小振りですが、状態はいつもどおりかなりいいです。蟹田のウニ獲り名人の生ウニも状態がかなり上がってます。どちらもオススメです。

それでは本日もよろしくお願いします。

二転三転

昨日の午後に入荷がなくなったとご案内したバッサーノ産のホワイトアスパラガス、本日1束だけ入荷しました。
昨日の夕方、業者さんから再度連絡がありました。予約分よりも少ないながら入荷したとのことでした。業者さんも何か混乱していたようで、現地とのやりとりがうまくいってなかったようです。二転三転しましたが、とりあえず少ないながら入荷しました。


お詫びとお知らせ

明日入荷予定だった、バッサーノ産ホワイトアスパラガスの入荷が急遽なくなってしまいました。現地のトラブルなのか、輸入業者のトラブルなのかはわかりませんが、予定されていた輸入がなかったそうです。アスパラを食べたいと予約をしていただいたお客様にはご迷惑をおかけすることになってしまい、大変申し訳ありませんでした。

悪い知らせの後には良い知らせもあるもので、明日青森から本ハマグリが入荷します。去年の秋以来の入荷になります。
本ハマグリは昔から日本で食べられていて、淡水の影響のある内湾で育ちます。しかし水質汚染の影響で激減してしまい、今やほとんど市場への入荷のない幻のハマグリです。この機会にぜひご賞味ください。




4回目の入荷


イタリア バッサーノ産ホワイトアスパラ

届きました〜。今回で4回目の入荷になります。4月に入荷した物にくらべると根元に近いほうはほろ苦さがあり、先のほうは甘みが強くなっていて、より風味が増しています。ぜひ白ワインかスプマンテと一緒に食べていただきたいですね〜  アスパラと同じヴェネト州のソアーヴェは相性ピッタリだと思います。その他、アルネイスやフラスカーティ、ヴェルメンティーノなんかも合いそうです。
それでは本日もよろしくお願いします。
トラットリア プレッツァ
営業時間のご案内

Lunch 11:30~14:30
(Last order 13:45)
ランチは土曜、日曜お休み
Dinner 18:00~23:00
(Last Order 21:30)
定休日 毎週火曜日

Trattoria Purezza

埼玉県久喜市久喜中央3-9-60
0480-26-1210
ギャラリー
  • 青森で "つぶ " と言えば
  • 青森で "つぶ " と言えば
  • イイもの入荷してますよ
  • イイもの入荷してますよ
  • イイもの入荷してますよ
  • イイもの入荷してますよ
  • 2017 能登研修旅行 No.1
  • 2017 能登研修旅行 No.1
  • 2017 能登研修旅行 No.1