CAIAROSSA   PERGOLAIA 2008
カイアロッサ  ペルゴライア 2008

カイアロッサはトスカーナ州 ピサの近郊 ティレニア海を見下ろすリパルベッラの丘陵地にあります。先日のブログで紹介したサン ヴィンチェンツォからも車で30分ぐらいですね。このワイナリーはボルドーのシャトージスクールのオーナーが所有しており、ワイナリーの醸造もフランス人のドミニク ジェノー氏がビオディナミ農法を取り入れ、栽培、管理を行っています。

今回、約一年振りに飲んでみました。サンジョベーゼ90% メルロー6% カベルネソーヴィニヨン4%の混醸で大樽とバリックを併用して10ヶ月熟成しています。プラムやベリー系の果実味の香りが先行しますが、口に含むと丸みのある上品な酸とミネラルを感じます。力強さはありますが、強過ぎない。見事なバランス。少量のメルロー、カベルネのおかげなんでしょう。飲み手を選ばないスマートなワインです。写真のグラスが空ですね。美味しくて写真撮るの忘れました。