青森から魚が届きました〜。真鯛と本アラです。
下北産天然活真鯛&本アラ

青森では春先の真鯛もさっぱりしておいしいですが、これから秋が深まるとともに産卵を終えた真鯛は冬に深場に落ちて越冬します。そのための体力と脂を蓄えるためにホタテの養殖棚の周りに甲殻類やホタテを食べに集まるそうです。それらの餌を食べた真鯛は脂が乗り、身が飴色のように光沢がでてきます。水温の低下する9月下旬から11月初旬まで越冬真鯛が獲れるそうで、しかもこちらの真鯛はホタテ漁師さんが丁寧に釣り上げたものを生簀で1日、2日生かして様子を見るそうです。弱っているものは出荷すらしないという徹底ぶり。チェックを通過した真鯛はしっかりと放血し、神経を抜いてようやく出荷されます。こだわりの青森の真鯛はこれからどんどん美味しくなりますよ〜!今回の真鯛は2.5キロupです。

本アラは皆さんご存知ですか?たまにクエとごっちゃにされますが、違う魚です。九州ではクエのことをアラと呼ぶので間違われるのでしょう。共通しているのはどちらも超高級魚ということです。鮮度が良ければ、刺身は最上の味わいでもちろん煮ても、焼いても美味いです。青森でも水揚げは少ないので、なかなか入荷しません。この機会にぜひ!
それでは本日もよろしくお願いします!