先日(といっても1ヶ月ほど前ですが)、福島県に小旅行をしてきました。その際に素晴らしいお店を見つけましたので、ご紹介したいと思います。今回の目的はこれです。
野鮎の塩焼き

福島県の芦ノ牧温泉から車で10分ほどののどかな場所に天国茶屋(あまぐにちゃや)さんがあります。
かなりのどかな場所です
お店はこの先にあります
お店の入口
店内の様子

お店に入ると畳の部屋に囲炉裏が切ってあり、囲炉裏の周りでお食事をいただきます。まずは採れたての枝豆で一杯。

ゼンマイの炒め物

もちろん、ご主人が春に採ったゼンマイを塩漬けにしておいたものです。この一皿にも手間がかかってます。ゼンマイの塩抜きは流水で1日かかるそうです。枝豆もゼンマイもほんとに美味いです。

そしてその間にご主人が野鮎を用意してくれます。生の鮎の匂いを嗅がせてもらいました。スイカ、キュウリの香りがします。その後ご主人が付きっきりで鮎を囲炉裏で焼いてくれました。なんと炭まで自家製です。



焼き上がりにあわせて、ご飯、キュウリのぬか漬け、小茄子の塩漬け、ほうれん草のおひたし、キノコ(キノコの名前を忘れました。初めて食べたキノコでした。)のお吸い物を出していただきました。鮎は私が今まで食べた鮎で一番美味しかったです。驚きは最初から最後まで、出された料理全てがほんとに美味しかったこと。ご主人はただの田舎料理と謙遜されてましたが、漬け物やお吸い物、ゼンマイの炒め物まですべてが丁寧に作られてることがわかります。ありそうでなかなか出会えないお料理でした。春は山菜、夏は野鮎、秋は松茸やキノコを食べれるそうです。こちらのお店はどの季節に行っても美味しいものを食べさせてくれるんだろうな〜と感じました。絶対オススメです!