青森県おいらせ町産だるま芋

プレッツァでは定番のだるま芋が届きました。だるま芋は長芋の一種なんですが、種苗会社が突然変異株を数十年かけ選抜を繰り返して完成した長芋なんです。外形は通常の長芋よりも太く短く、地下に行くほど太くなっています。キメが細かく生でかじると梨のような食感が特徴です。10月には肥大完了しますが、その後も畑に放置されて、その後雪の積もった畑から収穫されます。収穫後1ヶ月は倉庫で熟成されてから出荷されます。プレッツァでは大きめに切ってローストして、ローズマリーとバルサミコの香りを付けてご提供してます。実はかなりリピート率の高い隠れた人気メニューです。


青森県産十和田産にんにく

にんにくはパスタやバーニャカウダのソース、その他いろいろな料理に欠かせない野菜です。それだけにとても重要な食材です。青森産のにんにくは中国産のものとは"別物"といってもいいほど違います。味も食感もあとお値段も。まずは身の詰まりかた密度が違います。青森産の物はキメが細かく密度が高く、味も旨味や辛味(生の場合)が強いです。中国産の物は鬆(す)が入ってるものもあり、味も青臭く旨味も少ないです。香りも全然違います。それに青森産は芽止め剤などを使っていないので安心ですね。価格は全然違いますが、プレッツァではこれからも青森産を使っていきますのでご安心を。

それでは本日もよろしくお願いします。